TEL

物損事故 | 大分市の交通事故治療専門院 健笑堂接骨院

お問い合わせはこちら

物損事故

物損事故でも侮ってはダメ!痛みやしびれがあったら鶴崎・鶴崎駅・明野の交通事故治療センター(健笑堂接骨院)にご連絡ください。

物損事故とは、被害者の方が怪我をせずに済む事故のことをいいます。しかし、怪我がなかったとはいえやはり事故は事故ですので、車に搭乗されていた方は事故の際の衝撃を体に強く受けているケースが多いです。当日、翌日以降になって痛みやしびれが出てきたら、鶴崎・鶴崎駅・明野の交通事故治療センター(健笑堂接骨院)にご相談ください。
ただ場合によっては、患者さまには当院へご来院いただく前に、病院や整形外科で精密検査を受けていただくこともございます。これは患部の状態を速やかに把握するため必要なことで、精密検査で原因が分かれば治療もよりスムーズに進みます。しかし、もし、精密検査でも原因が分からない場合には、人体のしくみと造形を熟知している治療院に相談された方がよいでしょう。鶴崎・鶴崎駅・明野の交通事故治療センター(健笑堂接骨院)にお任せください。
物損事故の注意点
物損事故の注意点としましては、基本的に『物』の修復にしか保険は使われません。
例外的に人の治療にも当てられますが、この場合人も物の扱いになっています。警察に届け出て『人身事故』扱いに変更も可能ですが、立ち会いによる現場検証などの手間は掛かってしまうので、場合によっては物損事故扱いで治療をしていくこともあります。
治療が無事に終われば問題無いのですが、万が一痛みが残ってしまった場合などに後遺症の診断が取れなくなりますので、できるならば人身事故へ切り替えることをお勧めしております。
物損事故の流れ
物損事故扱いになりますと、警察の方は特に動く必要がなくなりますので、あとは本人同士の話し合いという形になります。
もちろん、ここで当事者達の保険会社の担当者は関係してきますが、基本的には本人同士で解決していくことになります。
また、物損事故ですと、自賠責保険という強制的に入る保険は使えません。自賠責保険とは、最低限の保障を補う物で、それは「人」に対して使われるようになっているからです。
ただし、特例として物損事故でも人の治療に関しては、自賠責保険も使うことができる場合があります。
物損事故による自賠責保険治療について
上記の様に、物損事故でも自賠責保険を使って治療できる場合があります。
保険会社さんと話をして頂き、治療が可能かどうか確認してみて下さい。
治療可能であれば保険会社さんから鶴崎・鶴崎駅・明野の交通事故治療センター(健笑堂接骨院)にご連絡ください。
その時点から治療が可能となります。

繰り返しになりますが、よく相手の方に悪いから物損事故のままでいいや、といった方がいらっしゃいます。
物損のままですと、後遺症の認定が難しかったり、満足のいく治療が受けられなかったりといったデメリットがあります。もし、お怪我をしているようであれば人身事故に切り替えることをお勧めします。
当院では、物損事故によって痛みやしびれ、こわばりなどの症状が現れた際に整形外科的検査で患部の問題・状態を把握して、お一人お一人に合わせた専門施術を行っていきます。
交通事故治療に特化しており、なおかつ【交通事故24時間相談ダイヤル】を設けておりますので、幅広いご相談に対応することが可能です。まずは気軽にご連絡ください。

 

患者様の声を紹介いたします。

G様

他の整骨院に通っても治らなかった腰痛が2回行っただけで嘘のように軽くなりました!!
その後も全身のバランスを整える為に通ってます!産後の骨盤の歪みにも対応してくれてとてもよかったです!
院長が痛みの原因などを親切丁寧に教えてくれ、日常生活で気をつける動きなども教えて貰えるのでとても助かります♪
院長はじめ、他の先生やスタッフの方もとても明るく行くと元気ももらえる素敵な接骨院です!
是非皆さんにオススメしたいです!!

G様ありがとうございます。

今後も治療技術の向上に励み、笑顔で皆様をおもてなし

しようと思いますので、宜しくお願い致します(^ ^)