TEL

人身事故 | 大分市の交通事故治療専門院 健笑堂接骨院

お問い合わせはこちら

人身事故

人身事故によるお辛い症状を、痛みの治療に特化した鶴崎・鶴崎駅・明野の交通事故治療センター(健笑堂接骨院)で始めませんか?

人身事故による怪我や不調にお悩みではありませんか?病院で治療を受けているにもかかわらず、痛みやしびれ、こわばりなどの症状がなかなか取れない場合には、現在受けている治療が根本治療につながっていない可能性があります。交通事故治療に特化している鶴崎・鶴崎駅・明野の交通事故治療センター(健笑堂接骨院)で、お体に最適な治療を母始めましょう。

交通事故の分類方法は、“追突事故”や“正面衝突”、“出会い頭の事故”など、事故の発生状況を類型に分ける場合もありますが、法律や保険が絡んでくる分類方法となると、物損事故と人身事故に分けられることになります。
物損事故と人身事故は、単純に分ければ“物が壊れた”のか“人が怪我をした”のかという簡単な判断で分類されます。
交通事故救急車や警察を呼ぶような交通事故が起こった場合、普通は車が無傷だったなどという事はありませんし、巻き込まれた人も傷ひとつ負わなかったということは考えられません。
車やガードレールなどの物は壊れたけど、事故に巻き込まれた関係者の中に、すぐ病院へ行かなければならないような重症者が出なかった場合には、物損事故として処理することが多くなります。
一方、事故に巻き込まれたことによって大きな怪我をした人や、最悪の場合は人が死んでしまった場合は、壊れた車や物に関係なく人身事故となります。
交通事故では初期対応が重要です。冷静にはいられない状況ですが、しっかりした対応が後の補償交渉などを上手に進めるために必要です。
まずは救護措置と二次災害防止に尽力することです。
被害者と、同乗者がいれば同乗者の怪我の有無を確認し、明らかな怪我がなくても事故の衝撃が大きく、強打したり圧迫されたりしている可能性があれば、すぐに119番に通報し救急車を呼びましょう。
救護措置を行わないひき逃げは10年以下の懲役または100万円以下の罰金と、より重い罪を背負うことになります。
次に二次災害の防止をしなければなりません。
自分が乗っていた車が動かせるならば、後続車の危険を避けるために安全な場所に移動させます。やむを得ず車を道路上に止めておかなければならない状態ならば、ハザードランプ、停止表示器などを置き、後続車が追突しないように対処しましょう。
110番で警察に連絡しましょう。
交通事故が発生した際には、警察への通報義務があり、通報を怠れば加害者側は3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金が科せられます。
交通事故の加害者、被害者にならないのが一番ですがもしもの場合の為しっかりと対応できるようにしておきましょう。

人身事故の被害者は、加害者が加入している自賠責保険や任意保険から補償を受けて、ご自身の実費0円で治療を受け始めることができます。しかし治療を始めるのは簡単でも、その後ご自身の損害に見合った補償がなされるかについてはまた別の問題です。鶴崎・鶴崎駅・明野の交通事故治療センター(健笑堂接骨院)で受けられる最大限の補償を受けながら、患部をしっかりと治療していきましょう。

鶴崎・鶴崎駅・明野の交通事故治療センター(健笑堂接骨院)では、人身事故によって怪我や不調に見舞われた患者さまのお話を元に触診や視診を行い、整形外科的検査によってお体の状態を正しく把握、適切な治療プランをご提案していきます。痛みを解消するための治療に自信がございますので、他の治療施設からのご転院に関するご相談もぜひ気軽にお寄せください。

大分市K様

アットホームな雰囲気で落ち着く店内です。

しっかりと状態を聴いていただき施術していただきました。

現状、予防などのお話も詳しく教えていただきよかったです。

今回ハイボルト治療もお願いしましたが随分痛みも和らぎました。

ありがとうございました。

K様ありがとうございます!

これからも居心地の良いアットホームな接骨院を心かげていきます(*^^*)