TEL

交通事故について | 大分市の交通事故治療専門院 健笑堂接骨院

お問い合わせはこちら

交通事故について

交通事故による怪我や不調にお悩みの方は、鶴崎・鶴崎駅・明野の交通事故治療センター(健笑堂接骨院)で治療を始めましょう。

突然起こる交通事故。体に強い衝撃を受けると、目に見てわかるような怪我だけでなく原因がはっきりとしない不調に苛まれることも少なくありません。病院や整形外科で精密検査を受けても、不調の原因が分からない…そのような時にはぜひ、交通事故治療に特化している鶴崎・鶴崎駅・明野の交通事故治療センター(健笑堂接骨院)にお越しください。

もし、事故が起きてしまったら…
初期対応が肝心になりますので冷静に行動しましょう。

1:けが人の救出

交通事故が起きた時にまずしなければならないことが、けが人の確認と救助です。特に交通量の多い場所で交通事故が起きた場合には後続車両に轢かれてしまうなど、二次災害とも呼べる事故が発生してしまう危険性が高くなります。

自分が負った怪我も含めて、事故によって誰がどういった怪我をしてしまったのかを確認し、怪我をしてしまった人を安全な場所に誘導して、119番に連絡し、救急車を呼びましょう。この時、たとえ目立った外傷がなくとも、後から症状が出る場合もあるのです。

2:警察への連絡

けが人の確認と救出が終わったら、次に警察へと連絡を入れましょう。けが人の速やかな救助と警察への連絡は交通事故が起きた場合の義務です。連絡は基本的には加害者側が行うことになりますが、はっきりと加害者、被害者がわからないような交通事故の場合もありえますので、余裕があるようでしたら自身で警察を呼びましょう。

3:事故現場の記録

交通事故にあったら警察とは別に、自分でも事故の現場を『記憶』し、証拠となる『記録』を残しておきましょう。重ねて、事故現場を確認しておくのが良いです。警察が来てからも現場検証、正式には状況見分が行われるわけですが、タイヤ痕など消えてしまいかねないものもあります。早い段階からお互いのスピードや停車意志、信号機の様子などをメモしておきましょう。

4:相手の身元を確認する

警察に連絡し、事故現場へと移動してもらっている間に、事故に関しての情報を集めておきましょう。具体的には相手の身元と事故の状況を確認するのです。

5:目撃者の確保

相手の身元の確認ができたところで、周囲に目撃者がいた場合は証人として、同行してもらったり、連絡先を聞いておいたりしましょう。事件当事者と利害関係のない第三者の証人は警察や保険会社に信用されることが多いからです。

6:保険会社に通知する

警察への連絡も終えたところで保険会社に連絡を入れるようにしましょう。示談交渉に入るのはムチ打ち症などの後遺症があることがわかり、様子の落ち着いた症状固定の状態になってからの方が良いですが、交通事故があったという事実は先に保険会社に伝えておかなければいざ交渉をといった時に足りない資料が出てくるなど後手後手に回ってしまいます。

7:医師の診断を受ける

各所に連絡したら自身の怪我の状態を把握するために病院へ行きましょう。目立った外傷がなくとも、先に述べたムチ打ち症であったり、最悪脳内出血を起こしたりしてしまっている可能性もありえます。

【その場で示談に応じない】
その場で示談に応じてしまうとその内容が有効とみなされ、加害者の過失割合が圧倒的に悪かったり、のちのち後遺症や後遺障害が出てきた際に治療費などが支払われないケースがあります。仮に相手が示談を求めてきても「保険会社と相談したうえで」とはっきり伝える事が大事です。
交通事故は大きく分けて2種類あります。
物損事故・・・交通事故の被害が自動車や物品の破損のみの場合
人身事故・・・交通事故で死傷者が出た場合

物損事故は自賠責保険が使えず、任意保険を使うことになります。
・後遺症慰謝料や逸失利益、休業損害が支払われない。
・治療が長引いても後から治療費などの請求が請求できない。
・事故状況について詳細な記録が作成されない。
など怪我をした時は十分な治療費が補償されない可能性があります。

人身事故とは、交通事故で被害者がケガを伴う負傷をした場合の事故の事を言い、被害者の診断書が警察に提出され、警察が病院の診断書を受理した場合が該当します。
人身事故の場合は、車両のみが壊れる物損事故とは違い、被害者のケガの重さに関係なく刑事責任が伴い、加害者へは違反点数が付いたり罰金・処罰を受けることになります。

交通事故での怪我の治療には自賠責保険が使え、加害者・被害者共に自賠責保険での治療が可能です。
事故が起きるのは一瞬ですが、その後の治療などは長期間に及ぶこともあります。
当院は丁寧な問診、痛みを取るハイボルト、治療結果を出しやすいGP股関節矯正など早期回復の為の治療を行っております。

大分市N様より

『家族でお世話になってます。院長、スタッフ皆さん明るくて親切で、患者さん一人一人にあった施術をしてくれます。なかでもハイボルトには、ビックリ!腰を痛めた時にハイボルトをしましたがすぐに効果ありました。』
交通事故で体に強い衝撃が加わると、骨格のバランスが変化してしまうことがあります。骨格がゆがんだり、ずれてしまうことで近くを通る神経が圧迫されたり、筋肉にいらぬ負担がかかって痛みやしびれ、こわばりなどの症状が現れます。骨格の調整は病院で行われないので、整骨院で診察・治療を受けるのが理想的です。鶴崎・鶴崎駅・明野の交通事故治療センター(健笑堂接骨院)にお任せください。

当院では、交通事故による怪我や不調にお悩みの患者さまからじっくりとお話を伺った上で触診・視診を行い、歩き方や姿勢などを拝見して不調の原因を正しく把握します。歩き方や姿勢を整形外科的検査によってお調べして、原因の分からない不調へアプローチしていきます。鶴崎・鶴崎駅・明野の交通事故治療センター(健笑堂接骨院)では【交通事故24時間相談ダイヤル】を設けておりますので、いつでも気軽にご連絡ください。